アメリカの田舎で駐在妻

サラリーマンを辞めて、2017年5月よりアメリカの田舎で駐在妻をしています。英語の勉強や生活全般

駐在妻、不満が募る日々

アメリカにきて1年1か月が経過しました。
今振り返ると、子供のいない私は、アメリカで生活する上で、初めから困ることなど特に何もなかったように思います。

 

他の駐在妻さんとのお付き合いは皆無と言っていいほどないです。
以前、駐在妻の方と一度お茶に行きましたがそれも3か月以上前の話です。私が社交性ないというのもありますが、強制されてなにかをやらされるようなことはないですね。

 

また、再就職に少しでも役立てばと、
英語はかなり勉強しています。
まぁ、他にすることがないんですよ。
しかしながら、上達は見られない。
覚えては忘れ、覚えては忘れの繰り返しである。
これが思いのほかしんどいものです。
無料のELLはすでに卒業させられてしまい、今はボランティアをしたり、自宅で英語を勉強するのみです。

 

そして、学校を卒業させられて以降、益々不満が募る日々です。

帰国してからのことを考えると、もはや恐怖でしかないです。
無職というのは、想像以上に精神的負担が大きくしんどいものです。
ましてや、数年後に日本に帰国した後に就職活動を行う頃には、もう30代後半もしくは40代です。
そもそも結婚する前に、共働きを希望していました。
転勤がないであろう、又は転勤があったとしても関東近郊で引っ越しの必要は無いような相手を選んだ。
はずだった。
まさかのアメリカ転勤です。
国内転勤であれば、まだ就職できたであろうが、アメリカ転勤となると英語ができないためどうしようもない。
ただ、英語ができなくてもアメリカで働くことはできます。しかし、いつ帰国するのか見えない、または突然アメリカ国内での転勤などもあるということが分かり、どうにも身動きが取りにくいというのがあります。←というか企業側が雇いたくないようです。どこの会社も3年以上働いてくれる方とちゃんと明記してますね。

 

また夫に対しても不満はありますね。
日本に帰国後に、以前日本で暮らしていたような暮らしができると思っていることです。
以前住んでいたアパートに住めたらいいなとかいうのですが、そのアパートに住めたのは私の給料があったからなんですよね。
元のアパートに住むことも、以前のように外食に行くことも、以前のように会社の飲み会に月数回参加することも夫の給料だけでは不可能なんですよ。
個人的には、海外転勤者の給料が国内でもよほど高くない限り、仕事をやめて妻が帯同すると、帰国後にかなり生活レベルを落とさざる得ないと思います。

また、元々結婚後子供が2人欲しかったですが、もし帰国後に就職するとなると2人目は絶望的。現時点でも夫が忙しすぎて、1人目の妊娠すらかなり厳しい状態です。
日本にいた時よりも出張が増え、夫は1週間以上家にいないことも多くなりました。

 

さらに、夫の会社に対しての不満はとてつもないです。
そもそも今回の海外転勤は本当に必要だったのかということです。
夫がアメリカに来て半年たつ頃に突如会社の方針変更があったんですね。
そのため、当初にアメリカに来た理由というのは無くなってしまい、今は特に理由なく、単にアメリカ人のように働いているだけなんですよ。
要は、日本からわざわざ人を派遣してやる仕事ではなく、単にアメリカ人をもっと雇えばいいだけの仕事で日々忙殺されている状態です。
現在こちらにいなけらばならない理由を夫からも会社側に問いかけているようですが、この半年ほど明確な回答はないんですね。
いうなれば私は元の会社に迷惑をかけて、無駄に会社を辞め、夫は夫でなぜアメリカに来たのかも分らぬままだた日々の仕事をこなしているということです。

 

熟考して熟考した結果、帯同を決意しましたが、いまはその選択が間違いだったように思います。夫の会社や夫のために、私が犠牲になるような理由はなかったなと。


自分を認めてあげてとか、丁寧な暮らしをとか、楽しむ努力をとか、旦那さんのお金を使うことに罪悪感を覚えないでとかいういう奴がもはやうんざりである。

無料のELLに通う・・・part1

現在アメリカ滞在2か月半です。

私は、現在コミュニティカレッジの無料のELLに通っています。
ちょうど、1セメスター分のELLを終えました。

 

ELLとは?

 

 


ELLとは、English Learning Learnerの略です。
いわゆるESL(English as a second language)と同じで、英語を第2言語とする学生向けの授業です。
コミュニティカレッジの無料のELLとは、ABE(Adult Basic Education)、つまり18歳以上の大人向けのELLです。
私の通っているELLでは、現在6クラスにレベルわけされています。
上位クラスに所属している生徒であると、この6クラス以外に、ビジネスクラスというものが用意されています。
ビジネスクラスでは、ディスカッションがメインで、フォーマルなe-mailの打ち方なども教えてくるそうです。
また、個別やグループで授業の補修ができるチューターサービスやカンバセーションのクラスなどが授業とは別に受けられます。

さらに、上位クラスに所属している生徒は、CNA(看護助手)のコースなどが無料で受講できるそうです。

 


ELLの講師

 

 


インターネット上の情報では、
「無料のELLの講師は ボランティアなので 普通のおばちゃん」というのを読みました。
情報を書いた方の近くにある無料のELLはそうなのでしょう。
しかし、私の通っているELLはだいぶ違います。
まず、私の通っている無料のELLは、政府からのお金でなりたっています。
このため、ELL講師はボランティアではありません。
以前ネットでELL講師の募集要項には、英語を第2言語とする学生向けに英語を教えることが可能な学士または修士を持っていることが条件に含まれていました。
パートタイムのELL講師であっても時給は、$23~$30程度となかなかちゃんとしたお給料が支払われているようです。
また、CNAコースを無料で受講できるのは、「Someone Donate」によるものであり、通常CNAコースは10万円程度かかるそうです。


クラス分け

 

私は、無料のELLでは上から2番目のクラスに通っています。
入学するために、レベル測定用にCASASテストというものを受けました。
CASASテストというのは、アメリカでESL教育の結果を計るものらしいです。
私のELLでは、リーディングテストのみでした。

CASASテストで、235点以上とると、一番上のクラスになるようです。
最初、一番上のクラス(大学入学準備クラス)に所属するも、1週間で落とされてしまいました。。。。
恐らく、会話がダメダメすぎるからではないかと・・・。

とはいえ、私は、非常にラッキー!!!!
なぜなら、従来のシステムでは、CASASテストで235点以上取得すると、ELLに通えなかったのです。
しかし、私が通い出したセメスターからシステムが変更され、235点以上のスコアを取得した生徒向けに新たにクラスが制定されたため、私のスコアであっても通えることになりました。
(英語などここ10年ほど一切使っていなかったため、英語の記憶がゼロ。。。。にも関わらず一番上のクラスに通えるということは、やはり無料のELLはレベルが低いのかなとか考えてしまいます・・・)

ちなみに、235点未満の生徒は、授業の結果を計るために、CASASテストを1セメスターごとに受けさせられます。
なお、235点以上の生徒は、違うテストを1セメスターごとに受けさせられます。


 

授業内容と1セメスター終えての感想

 

 

私のクラスでは、日本の高校や中学で習うGRAMMARだけでなく、ゲーム、ディスカッション、プレゼンの練習などなど、無料とはいえかなり充実しています。
GRAMMARの教科書は、CAMBRIDGE出版の「GRAMMAR & BEYOND 3」を使用しています。アマゾンにて$40で購入しました。


今回のセメスターでは、自分の弱点が露呈しました。

中学で習うGRAMMARはほぼ覚えているけど、高校で習うGRAMMARに関しては、かなり忘れてる!!!
授業では、ノート1ページ程度の文章を書けとよく言われます。
ほとんど中学英語で書いてしまい、かなり読みにくい文章になっている気がします。
また、冠詞や複数形・単数形などのイージーミスが多いこと・・・。
uncountable nounやcountable nounの勘違いが多く、uncountable nounに冠詞をつけたり、countable nounに冠詞を付け忘れたりなどの間違いが目立ちました。。。

そして、会話力の低さ!!!!!
日本以外の国の子は、めちゃくちゃな英語だけど、すごい喋るといわれていますが、
同じクラスの人達は、割と正しい文法で、英語を喋る。
むしろ私のほうがめちゃくちゃな英語!!!!!めちゃくちゃな発音!!!!

先生からもGRAMMARは他の子よりもできるので、もう少し会話と発音にフォーカスしてみてとのこと。

夫と相談した結果、やはりGRAMMARは、重要であると。
次のセメスターも同じクラスに居座ることにしました!!!


次のセメスターも頑張ります。

海外駐在中はよい生活ができるのか?

海外転勤になると夫の給料は増え、海外駐在中はよい生活ができるのか?

インターネットで「駐在妻」や「海外転勤」と検索すると、よくヒットする内容であると思います。

夫の給料は増えました。海外転勤になると、夫の福利厚生は良くなり、手当などが増えます。
しかし、私の給料が0になってしまったため、夫の福利厚生を含めても世帯収入は数百万ほどマイナスになりました。
私の退職前の給料>>>>>夫の給料の増加額、

ということろです。
また、数年後に日本へ帰国する頃、私は30代後半もしくは40代前半となってしまうため、退職前と同等の収入となる仕事を得ることはなかなか難しいことが予測されます。
悲しいことに、恐らく我が家の世帯収入は夫の海外転勤前が一番多いということになりそうです。
また、アメリカは車社会です。車購入のために、生活の立ち上げに数百万円使用しました。
私の住む地域は、電車はなく、バスも1時間に1本あるかないかというアメリカの田舎です。
日本では東京に住んでいたため、海外移住後、車購入費用だけでなく、車の保険費用などなど交通費は増加しました。

このように、我が家の場合、残念ながら世帯収入は減り、将来のための貯金を考えると、生活レベルは日本にいたときよりも下げなければならなくなってしまいました。。。


まぁ、今後、我が家の世帯収入が増えるか否かは、私の頑張り次第といったところですかね。ブランクがあるのは厳しいなと、不満がつのる日々です。

サラリーマンから駐在妻になったのでブログをはじめてみた。

会社を退職し、現在夫のアメリカ転勤に帯同して駐在妻となりました。
2017年5月にアメリカに引っ越し、現在在住2か月半程度です。
駐在妻についてインターネットで検索すると、やたら悪口が多いことに驚きます。
また、海外転勤になると夫の給料が上がり、それなりに良い生活をし、習い事をし、駐在妻の友達とランチに行くなどといったブログ記事などを見かけます。
ひいては、夫の会社または駐在妻同士のランク付けがあるなどといったことも。。。
 
恐らく住んでいる州や市などによってさまざま事情があるのでしょう。
しかし、インターネット上の情報に私なりに思うところがあり、ブログをを書いてみようかなと思った次第です。
まぁ、実質、暇つぶしと、備忘録という感じです。

どうぞよろしくお願いします。

はじめまして。

はじめまして。

このたび、約12年のサラリーマン生活から離れ、最近専業主婦になったものです。

夫の仕事の都合により専業主婦となったため、消化しきれるぬ感情を抱えたままでおります。

必ずや再就職してやろうという今の意気込みを忘れぬため、ブログをしたためようと考えております。

よろしくお願いします。